空き家は大きな問題に

作業員の人形

業者を選ぶ際には確認を

現在日本では空き家の数が急増しており、大きな社会問題となっています。空き家はそのままにしていると不法投棄の場所になってしまったり、犯罪に使用されるんど様々な問題があるためです。特に都市部では大きな問題となっており、東京や大阪などでは多くの空き家が現在もある状態です。大阪に不動産を持っているけれど、使っておらず空き家状態になっているという人も中にはいるでしょう。空き家状態になってしまうのには様々な理由がありますが、その一つとして家屋解体をするのにかなりの費用がかかってしまうということです。特に大阪のような都市部である場合には周辺への影響も大きく、お金をかけて家屋解体をするならそのままにしておこうという人が少なくないのです。家屋解体にかかる費用は木造建築であっても坪当たり3万円〜6万円程度はかかるため、それ以外の費用も必要となる大阪のような都市部では放置してしまうことも多いのです。出来るだけ安い価格で家屋解体をしてもらいたいという場合も少なくありませんが、その場合にはその業者がきちんと資格を持っているかどうかを確認する必要があります。家屋解体はどんな業者でも行えるというわけではなく、解体工事業者登録を行っていなければなりません。また、実際に工事を行う際には解体工事施工技士が行わなければならないという決まりとなっています。安価に家屋解体を請け負っている業者の中にはこういった決まりを守っていない業者もあるため、後でトラブルにならないように避けることが大切です。